料亭旅館 坂本屋

c0360979_07315468.jpg
長崎と言えば 「卓袱料理」 旅行最後のお食事はこの名店で。

明治創業の 「料亭旅館 坂本屋」

c0360979_07335746.jpg
立派な屏風絵が飾られた待合の場所から2階へ通されました。

こちらは旅館でもあるのでお風呂の設備もある個室で頂きました。
注意 お風呂の使用はできません

c0360979_07362460.jpg
長崎らしい赤い円卓、上下分け隔てなく和気あいあいとお食事を頂きましょうという意味があるそうです。卓袱料理は鎖国の時代から海外と交流があった長崎でお客様をもてなす時に様々な国のお料理を取り入れた伝統から現在の興味深い料理に発展していったという歴史があります。現在ではお祝いの席や法事の時によく利用されるようです。Yuckyさんもご家族様と長年こちらを利用されているとのこと。彼女のブログで拝見してからここにずーーーっと来たかったんです!!

c0360979_07415112.jpg
お食事はまず女将の「御鰭をどうぞ」というご挨拶から始まります。

今回はお昼の3000円のコースだったから?スタッフの女性のご挨拶でした。

夜は最低でも諭吉1枚は飛んで行く高級なお店です。

c0360979_07462649.jpg
その御挨拶の 「御鰭」(おひれ) とは

まず最初に出てくるのが尾頭付きの鯛がドカンと入った大きなお椀だったからだそうです。

お昼ですので一切れ、でもぷりっとした美味しい鯛でした。

お食事の前に椀物を完食するのがちょっと不思議。

c0360979_09012783.jpg
素敵な長崎に乾杯!!

c0360979_08592632.jpg
円卓の上にどんどんお料理が並びます。

コチの湯引き、あっさりポン酢で頂きます。

c0360979_09025507.jpg
キビナゴの南蛮漬け、苺の練り物、サーモンの練り物

関西ではお目にかかれないお料理の数々。

c0360979_09045794.jpg
新鮮なひらまさのお造り

お醤油やお酢が小さな茶碗状の物に入ってるのが面白い。

c0360979_09070515.jpg
黒豆とチョロギ

中華料理にも登場するチョロギがここで現れました。

c0360979_09082668.jpg
海老など海鮮の巣の物

器がちょっと中華風だったりするとこも長崎料理ですね。

c0360979_09093551.jpg
そしてメインはやっぱりトロトロに炊かれた角煮・・・・

のはずだったんですが今回は残念なことに少し硬かった(泣)

c0360979_09111352.jpg
別に注文しました。 西洋とのMix料理 「ハトシ」

海老のすり身を食パンで挟んでフライしたお料理

ふんわりと美味しいです!!

c0360979_09130749.jpg
そしてこれが面白い、最後に出てくる 「梅椀」

紅白の白玉団子の入ったお汁粉

3000円なので?だったのですが、なんのなんの!!

どのお料理も美味しくてお腹もぱんぱん、大満足。

c0360979_09161144.png
今回の「九州無理やり縦断3泊の旅」とーっても楽しかったです~!!

Yuckyさん、お忙しい中どうもありがとうございました。

そしてへんりーちゃん、いろいろお世話になりました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

END

・・・・・、とこれで終了するはずの九州編、何故だかまだあります。

Commented by コン at 2015-03-21 09:10 x
ブロク、いかがですか?すっかり慣れましたか?
こちら、ホッとくつろげるようで、高級感ある素敵なお店ですね(≧∇≦)
旅先で、こういうところ、くみょんさんは良く行かれてますが、私は縁遠いので、よく見て 行った気にさせていただきました(*^^*)
酢の物も美味しそうだし、初めて聞いた ハトシも美味しそうでした。
そういえば、タブレットでも、拡大 大丈夫でした。前回が たまたま変だったのかもしれません。
あと、こないだの俺のフレンチ・イタリアンの、イタリアンの冷凍スパがあったので買ってみました。なんでも出てるもんですね(^^;;

旅編、まだまだ続く…は、どんなことが…(*^^*)
Commented by kumikokumyon at 2015-03-21 09:22
コン様
こちらのブログにも徐々に慣れてきました。混乱した時は先輩の
Yuckyさんにメッセして教えてもらいました。
画像が載せやすいしココログの時に無かった機能もあったりします。
逆にこちらでない物があったり、ブログはどこもなにかしら不便があるものなので我慢我慢。
お食事メインで旅行もするもんで最後の〆にこちらは最高でした。
ハトシ、物産展で食べたことはあったのですが現地のは格段に美味しかったです。やはり本場にいかなきゃね。
俺の・・・冷凍が出てるんだ!!お商売の上手なこと。
この後おまけ(汗)で博多もちらっと寄ることができました。
Commented by ビョン at 2015-03-22 13:12 x
卓袱料理と高知の皿鉢料理は、死ぬまでに一度は食べたいものの1つです。
落ち着いた個室でのお食事、いいですねぇ。
スタートに椀物を完食しないといけないのは、お汁でお腹がいっぱいになっちゃいそうで苦手かも(苦笑)
ちょろぎは関東のお節では、やはり黒豆の添え物として赤色に染めたものが入っています。
〆のお汁粉もなんだかほっとしますね。
楽しそうな女子会、うらやますぃ~。
是非第二弾を計画してください!
Commented by kumikokumyon at 2015-03-22 18:12
ビョン様
高知の皿鉢料理、昔元カレとたべたなぁ((  ̄- ̄)
四国であっちゃんお勧めの現地グルメも食べたいよね。
最近ちょっと国内に回帰思考になりつつあるわ。
by kumikokumyon | 2015-03-20 09:26 | 2015年2月九州 | Comments(4)

関西中心に時には日本を飛び出して食べ歩いております。旧ブログは下の外部リンクからどうぞ。


by くみょん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31