「私は、マリア・カラス」を観てきました

c0360979_08201298.jpg
今年最初の1本は ディーヴァ マリア・カラスの人生を

インタビューや映像で綴ったドキュメンタリー映画

「私は、マリア・カラス」

画像はいろいろな所からお借りしました

クィーンで何?フレディー・マーキュリーって誰ってこのご時世

全盛期が1950年代~の彼女の事を知らない人も多いはず

マリアって名前の烏?って人もいるかも

彼女は類まれな美声を持つソプラノ歌手

ビゼーのカルメンというと絶対この声が思い浮かぶはず

ハバネラ

歌詞が強烈に良いので画像無しで

c0360979_08321890.jpg
アメリカ生まれ 父母はギリシャ系

大きな鼻と大きな口 そのエキゾチックなお顔

立派な体躯から発せられる驚異的なソプラノ

映画の中のその頃のファッションや

豪華な毛皮のコートがすごく素敵

c0360979_08402593.jpg

でも何かとスキャンダルに塗れた人生でもありました

大統領も客席にいたローマでのコンサートを一幕でキャンセル
(実際 喉の調子が最悪だったから)

30歳以上年の離れた夫との結婚 離婚

何といっても海運王アリストテレス・オナシスとの恋愛

c0360979_08392803.jpg
そして新聞で知ったオナシスの超絶な裏切り

c0360979_09095943.jpg
大統領暗殺からたった5年で再婚した

ジャクリーン

c0360979_08431879.jpg
オナシスとの結婚は数年で冷めきったようですが

莫大な遺産はきっちり相続し

死後はアーリントン墓地の元夫の横で眠っているという

ま 彼女も元夫の女癖の悪さには苦しめられたみたいで

と 話は逸れましたが

ちょっと映画のネタばらしになりますが

オナシスとマリア・カラスは数年後よりを戻したとか

いろいろあるんですよ 大人って

奇しくも最期のコンサートは1974年の札幌公演

波乱の人生は1977年 53歳で閉じられました

恋人との結婚を反対する父親に

「出来なかったら死んじゃうから!」

そう切々と歌うこの曲が一番好きです

プッチーニの「私のお父さん」

END

by kumikokumyon | 2019-01-12 09:13 | 映画 | Comments(0)

関西中心に時には日本を飛び出して食べ歩いております。旧ブログは下の外部リンクからどうぞ。


by くみょん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31