人気ブログランキング |

サプール2019展 @難波パークス

c0360979_09484897.jpg
難波パークスで開催中の

サプール2019展 
観てきました

写真撮影OKだったのでいろいろ撮影

アフリカのコンゴでサップと呼ばれる人たち

服が汚れるから 争わない

2回の内戦や民族闘争で数百万人が命を落としたアフリカ

彼らはいかに戦争が無意味であるかを知っている

現在も世界の最貧地域の1つ 
エボラ出血熱の終焉も見られないこの地域

そんな環境とは真逆に生きる彼ら

そのファッションとスピリッツをサプールと呼ぶ

c0360979_09542423.jpg
平均月収3万円 その大半をブランド物に費やする
ネクタイ カフス 靴 ステッキ
全てに神経が行き届いた驚きのファッション

立ち居振る舞いも紳士であろうとする彼ら

会場内のスクリーンには
優雅にKENZOやサンローランを全身にまとう彼らが
モデルの様に街角でその着こなしを披露している

もちろん女子サップも存在します

c0360979_10400033.jpg

パリやミラノではない 
こんな風景の広がるところに彼らはいる

c0360979_10000682.jpg
恥ずかしながらコンゴについての知識が欠落していた

一言でコンゴと書いてきたけれど

コンゴ王国であったその地域はオランダの侵略などと
その後の内戦で現在は3か国に分裂

サプールはコンゴ共和国と元ザイールのコンゴ民主共和国に存在する

全出のカラフルだがコンサバなサプールは
元フランス領だったコンゴ共和国のサップ達

川を隔てた向かいのベルギー領だったコンゴ民主共和国の
サップ達が愛するのは

Yohji Yamamoto

そう我らがヨウジヤマモトのファッション

c0360979_10084521.jpg
あっちはカラフルだがこっちは

世界で最も困難と言われる黒のファッション

c0360979_10095342.jpg
子供のころから上質サップの出来上がり

とまあ 偉そうに書き綴りましたが

すべてネットで検索しました

生サップと会ってみたい

会場はライティングの映り込みが激しくて
揚げられるに堪える画像は上記の5枚のみ

サップのファッションを堪能したい方は

「サプール」で画像を検索してください

そしてこの日

最高のイチゴと出会いました

c0360979_10351607.jpg
サロン・ド・テ アルション
法善寺本店

季節限定

あまおうモンブラン
680円

大きなあまおう!!
カップの中にもう一個あまおうが隠れています

なんと美味しい!!

丸ごとお口にポイした後に広がる
至極の瞬間113.png113.png113.png

もうすぐあまおうの入荷が無くなるとの情報あり
体験したい方は急いでね

END

by kumikokumyon | 2019-04-24 10:51 | 大人の遠足 | Comments(0)

関西中心に時には日本を飛び出して食べ歩いております。旧ブログは下の外部リンクからどうぞ。


by くみょん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31